学資保険とは

学資保険について紹介したいと思います。学資保険についてご存知でしょうか?そもそも学資保険というのは、子供のための教育資金を計画的に貯めることを目的に作られた保険の一つです。普通保険といえば、何かあったときの補償を目的としてかけるものですが、学資保険の場合には、教育資金をためることが目的ですから貯金をしていて保証が付く保険というような役割を果たしています。一般的には、学資保険といえば15歳満期や18歳満期にして、歓喜保険金をもらうことができますし、中学に入ったり高校に入ったときには、学資保険の種類によっては祝い金を受け取ることができるものもあるといわれています。

 

もしも学資保険を契約している親が死亡してしまったときには、それからの学資保険料というのは免除になります。また学資保険の商品によっては子供が死亡したときに保険金がもらえるものもあります。学資保険を子供保険と一緒だと思っている人もいるのですが、学資保険とこども保険と呼ばれるタイプの保険は全くの別もので、学資保険の方は、貯金すると思っていただければいいかと思います。学資保険をかけておくことで将来子供にかかる教育資金をその時になってからあわてて用意しなくてもいいようになります。

代表的な学資保険

学資保険の種類にはいろいろなものがありますが一般的に一番多い学資保険は郵便局の学資保険ではないでしょうか。毎年、70万件以上の人が郵便局の学資保険には加入しているといわれていて学資保険=郵便局をイメージする人も多いほどです。他にも、郵便局以外の民間の保険会社の学資保険も増えています。その内容も最近ではとても充実していてどの商品を選べばいいのか迷ってしまうくらいです。インターネットが普及されるようになったことから学資保険をダイレクトに直接利用者に代理店を通さずに販売しているところもあります。中間マージンが発生しないことから保険料が安くなることで人気の学資保険です。このダイレクト型の学資保険は人気を集めて普及し始めています。これからもっともっと利用者のニーズにこたえた学資保険というのは増えてくると思われますが、学資保険を選ぶ時には、新しい情報ももちろん、古い従来の学資保険のスタイルも頭に入れながら検討していくのが賢いかもしれませんね。ダイレクト型の学資保険にもメリットはありますし、郵便局の学資保険にもメリットはありますからそれぞれの学資保険の良さを知るということはとても大切なことだと思います。

大同生命の学資保険

大同生命の学資保険を紹介します。大同生命の学資保険はとてもシンプルな学資保険が特徴です。育英年金がついている基本的な保障型の学資保険になっています。18歳の時と20歳の二つの時期から満期を選ぶことができる学資保険になっていますが、医療保障といった種類の特約を付けることはできませんから、保険についてあまり知識がない人や、苦手だという人にはとてもわかりやすい学資保険ではないでしょうか。特約や医療保障などを言い出すと保険はとても複雑になってきてわかりにくいものですからその点を考えるととてもシンプルでわかりやすい保険ではないでしょうか。

 

それぞれの祝い金については、小学校から大学まで入学する時に支払われることになっていて、契約の満期になったときには、満期保険金を受け取ることができる学資保険です。契約者が死亡したとき、高度障害になったとき、不慮の事故で身体障害になったときには、一般の契約内容と同じように、入学祝い金や満期保険金は受け取ることができますから安心です。また、それ以降は満期になるまで育成年金ももらえますし保険料の支払は免除になっています。大同生命の学資保険はとてもわかりやすいですから面倒な人などには向いうている保険かもしれません。